株式会社エイエルエイ中央研究所

エイエルエイ中央研究所トップ>論文発表

論文発表

論文発表一覧

タイトル

発表者

発表誌

DownRoad



洗剤によるマウス小腸微絨毛障害に
対する乳酸菌混合発酵産物の保護効果


阿部一彦,
西川俊郎,
関口守衛


医生電顕技術誌
30(1):1-4,2017

PDFファイルで閲覧
3.9MB


Anti-tumor activity of heat-killed Lactobacillus plantarum BF-LP284 on Meth-A tumor cells in BALB/c mice
R.Shin, Y.Itoh, M.Kataoka, S.Iino-Miura, R.Miura, T.Mizutani, T.Fujisawa
International Journal of Food Sciences and Nutrition 67(6)641-649,2016

PDFファイルで閲覧
1.2MB

Determination of the Antibacterial Constituents Produced by Lactobacilli against a Periodontal Pathogen: Sodium Lactate and a Low Molecular Weight Substance

T.Kawai, T.Ohshima, R.Shin, S.Ikawa, N.Maeda, K.Gomi


Probiotics & Health,2016

PDFファイルで閲覧
0.5MB



豆乳の乳酸菌発酵産物が
腸内細菌および大腸がん発がんに
及ぼす影響

新 良一, 伊藤幸惠,
片岡元行, 原 宏佳,
大橋雄二, 三浦詩織,
三浦竜介, 水谷武夫,
藤澤倫彦


腸内細菌学雑誌
28(1)15-24, 2014

PDFファイルで閲覧
5.8MB



加齢BALB/cマウスの小腸繊維芽細胞の超微形態学的変化の抑制から評価した
乳酸菌混合発酵産物の抗加齢効果


阿部一彦,
西川俊郎,
関口守衛

東京女子医科大学雑誌
第84巻
臨時増刊号別冊,2014

PDFファイルで閲覧
5.8MB

豆乳の乳酸菌発酵産物による
腸内環境改善と大腸がんの発がん抑制



新 良一, 片岡元行,
三浦竜介, 水谷武夫,
藤澤倫彦
BIO Clinica
29(4)84-88,2014
29(8)100-104,2014(転載)
細胞 46(11)43-47,2014(転載)

PDFファイルで閲覧
2.6MB

Improvement of Experimentally Induced Hepatic and Renal Disorders in Rats using Lactic Acid Bacteria-fermented
Soybean Extract
(Biofermentics)

Ryoichi Shin,
Momoyo Suzuki,
Takeo Mizutani,
Nobuyuki Susa


eCAM
6(3)357-363;2009

PDFファイルで閲覧
5.28MB

乳酸菌生産物質とは何か?
またその歯科応用について

小野田歯科医院
小野田繁

日本歯科東洋
医学会誌
26:1-9,2007

PDFファイルで閲覧
6.61MB

バイオファーメンティクス®の
歯科応用

小野田歯科医院
小野田繁



診断と治療
94:153-160,2006

PDFファイルで閲覧
14.1MB

気管支喘息の診断と治療に関する
循環器専門医の自己体験的学習



赤坂関口
クリニック
関口守衛


診断と治療
9:759-765,2003

PDFファイルで閲覧
10.0MB


Influence of intestinal anaerobes and organic acids on the growth of enterohaemorrhagic Escherichia Coli O157:H7

Ryoichi Shin,
Momoyo Suzuki,
Yoshiyuki Morishita


J. Med. Microbiol
51:201-206,2002

PDFファイルで閲覧
4.1MB


ノトバイオートマウスモデルにおける
新生児の腸内フローラ形成に
ガラクトオリゴ糖が
及ぼす影響

鈴木百々代,
佐藤 成, 大和田 勉,
尾崎 明, 水谷武夫,
森下芳行


腸内細菌学雑誌
12:81-88,1999

PDFファイルで閲覧
4.9MB


乳酸菌混合培養により得られた
代謝産物のDMH誘発マウス
大腸がんの抑制効果

新 良一,
鈴木百々代,
水谷武夫

J. Japanese Society for Gastroentero
logical Carcinogenesis
10:137-139,1998

PDFファイルで閲覧
1.5MB