株式会社エイ・エル・エイ

エイ・エル・エイ乳酸菌研究所

エイ・エル・エイ乳酸菌研究所

ALA Research Institue for Lactic Acid Bacteria

ABOUT US


研究所概要

ALA乳酸菌研究所は、グループ会社(株)CMCが販売する健康食品『生源』の主成分「乳酸菌生産物質」に関する研究・開発のほか、発酵工学に基づく様々な機能性成分の研究・製品開発を行っている研究施設です。

数多く寄せられる喜びの声を科学的に検証すべく、1995年、独立行政法人理化学研究所にて委託研究を開始。その後、研究の拡充を図るべく独自に設立されました。
以後、動物実験や臨床試験など、科学的根拠に基づくデータを確立すべく、日々研究を行っています。

名称
ALA乳酸菌研究所(2019年、ALA中央研究所より改名)
住所
〒175-0091 東京都板橋区三園2-4-6
研究対象
乳酸菌生産物質の研究・開発

研究所の写真

研究方針と研究体制

保有する2000株の菌株を用いた機能性成分の研究開発のほか、健康食品『生源』の主成分「乳酸菌生産物質」の品質管理、製品の安全性試験、臨床試験等も行なっています。

研究管理 研究企画および学術調査、特許申請などの研究情報の管理 - 培養研究 乳酸菌をはじめとする有用菌株の検索・改良・培養技術の開発 - 生化学研究 天然素材や微生物由来の有効成分の検索・単離・精製および構造解析 - 生理機能研究 発酵成分の機能性評価試験および生理作用メカニズムの解明

特許の取得

長年積み重ねた研究の成果は、適宜論文発表や学会発表を行うほか、独自の製造技術に対して特許を取得しています。

特許証の写真

タイトル 出願国 特許番号
機能性組成物 韓国 0367553
中国 ZL99800117.1
ヨーロッパ
(イギリス・フランス・ドイツ)
0994183
アメリカ 6827953
フィリピン 1-1999-00238
日本 4163276
糖尿病合併症を予防する組成物 日本 4328058
炎症性疾患の改善用組成物 日本 4377117
免疫促進用組成物 日本 4712289
抗腫瘍剤およびその製造法 日本 6302239

学会発表および論文発表

「腸内細菌学会雑誌」、「eCAM」等の学術雑誌に随時論文発表を行うほか、「日本細菌学会」「日本癌学会」「腸内細菌学会」等にて学会発表を行ない、統合医療としての「乳酸菌生産物質」の活用をめざした研究発表を精力的に行なっています。

特許証の写真

タイトル 発表誌
豆乳の乳酸菌発酵産物が腸内細菌および
大腸がん発がんに及ぼす影響
腸内細菌学雑誌
(2014:28(1)15-24)
バイオファーメンティクス(TM)の
肝・腎機能改善作用(英文)
eCAM
(2009;36(3)357-363)
乳酸菌生産物質とは何か?
またその歯科応用について
日本歯科東洋医学会誌
(2007:26 1-9)
バイオファーメンティクス(R)の歯科応用 診断と治療
(2006:94 153-160)
気管支喘息の診断と治療に関する
循環器専門医の自己体験的学習
診断と治療
(2003:9 759-765)

研究発表一覧