株式会社エイ・エル・エイ

エイ・エル・エイ乳酸菌研究所

エイ・エル・エイ乳酸菌研究所

ALA Research Institue for Lactic Acid Bacteria

ABOUT RESEARCH


EB-CAM研究会について

EB-CAM研究会とは

2001年にアメリカ・サンフランシスコで第1回「国際相補・代替・統合医療学会」が開かれて以来、相補・代替医療を近代西洋医学に統合しようとする考え方が世界中に広まり始めました。

株)エイ・エル・エイはいち早くこの動向に着目し、2006年より医師の故・関口守衛先生の呼びかけから「EB-CAM研究会」を発足。「乳酸菌生産物質」のEB-CAM(Evidence Baced Complementary Alternative Medicine=科学的根拠に基づく代替医療)としての位置付けを確立すべく、顧問ドクターら有識者とともに、研究発表や学会発表を行なっています。

関口 守衛

関口 守衛(せきぐち・もりえ)1933年 – 2016年

1933 年生まれ。医学博士、健康実践研究所所長。群馬大学医学部卒業後、米国空軍立川病院インターンを経て、同大学院修了。循環器専門医としてドイツ・ハノーバー大学へ留学後、東京女子医大内科教授、信州大学医学部内科教授などを歴任。退官後、東京・赤坂にクリニックを開業。著書は『科学的エビデンスが乳酸菌生産物質の謎を解く』(健康実践研究所刊/三省堂書店)ほか。

科学的エビデンスが乳酸菌生産物質の謎を解く

科学的エビデンスが乳酸菌生産物質の謎を解く

関口 守衛

詳細はAmazonへ

乳酸菌生産物質に関する関口守衛先生の研究